2017年5月27日土曜日

今年もまた発表会でした

あれから1年なんて嘘のようです。今年は去年に比べてシンプルでした。新学期もバレエには引き続き通う予定です。



2017年5月24日水曜日

ランニング・デイ

しばらく学校でトレーニングをしていたようですが、15分間校庭をぐるぐる走るという大会でした。5周くらいしたかな?


1人だけなぜかTシャツがショートパンツの中に入っており
それが妙に日本人っぽいのでした

しかもたまたまして行ったカチューシャがハチマキっぽい


2017年5月23日火曜日

やっと咲きました


雪から守った甲斐がありました


2017年5月19日金曜日

いい加減にしてほしい・・・

こちらは記録更新をかけたシーズン外れの大雪でした。もれなくケヴィンは出張中。新緑から立派な葉に変わりつつあった木にとっては、春の重い雪は本当に可哀相です。重さでしなって枝ごと折れてしまうのです。

朝カーテンを開けて「おお〜」

朝一階に降りて玄関から外を見て「ぎゃ〜!」
大きな木の枝が落ちている!

蕾が大きくなった植物にとってもこの雪は酷です。昨日は朝から折れた枝を処理したり花をカバーしたりで大変で、結局夜までに6回前と裏庭の木と植物の雪をはらいました。3週間前の寒波の時には、注意不足で楓の木1本と植物を何種類をやられてしまい悲しい思いをしたので、今回は気合で全てを守り通しました。

もうすぐ咲きそうになっていた芍薬の蕾があった枝は、
重さで折れかけていました(涙)

隣からも大きな枝が墜落し、あまりにも重くて動かせず、斧で細かく切って運ぶ羽目に。フェンスの一部もそれで破損。


水曜日からこの気温差!

2017年5月17日水曜日

雹だ〜〜

私:「ああ、庭の植物が・・・もっと塊が大きくなったら車に傷がつくかも・・・」

カリーナ:「わーい、食べた〜い!」




2017年5月14日日曜日

母の日①

Happy Mother's Day! 
昨晩は珍しく夫婦で夜中の2時半まで夜遊びをしており、今朝目が覚めたらなんと8時45分でした。カリーナはケヴィンの両親のところにお泊まりだったので、やっと起き出して食事をしたのは11時頃でした。

ポーチドエッグの上に乗っている紫のものは、
我が家に植えてあるチャイブの花です

寝不足にも関わらずケヴィンが気合を入れて、母の日のブランチを作ってくれました。それをいそいそと裏庭に運び、気持ちが良いオープンエアでのブランチ。今年は裏庭を夏モードにするのが遅れて、金曜日にやっとソファ、テーブル、ベンチをセットしたところです。

ブランチ

午後はケヴィンのママとカリーナと3人で、ボールダー・バレエ学校のダンサーと生徒によるショーを観に行きました。カリーナの先生も学校専属のバレリーナですので、年に数回先生の踊りを実際に見るのはカリーナの楽しみの一つです。芸術鑑賞は私にとっても癒しです。


家に帰って一息ついて夕食。これもまたケヴィンが頑張りました。ものすごいサービスぶりです。お疲れさまでした〜。

ディナーも外

母の日②

最も嬉しい贈り物はカリーナからのカード。今年は自分で書けるようになりました。


カリーナ流では・・・
"Your the best mommy I evr seen in my lif! You ore so nis to me. Thank you for leding us see the bala sho with nana."
 言いたいことは・・・
"You are the best mommy I've ever seen in my life! You are so nice to me. Thank you for letting us see the ballet show with Nana"


2017年5月13日土曜日

過去一週間・・・今週も盛りだくさん

*プレゼントをくれたケヴィンの叔母さんへのお礼状*
"Thank you for my dress and my lion and my jelly beans"を
カリーナ流に書くとこうなります(^^)しかもちゃんと
もらったもの全部の絵まで描かれている(感心)


*さおりちゃんが可愛いチーズケーキを持って遊びに来てくれました*
そのまま庭でお茶


*火曜日学校の校庭にて*
「あっ、私のマフィン!」
どうやら置いてあった子供のバックパックから盗んだらしい

紙ごと食べちゃいました

*水曜日の晩ご飯*
ベーコンとアスパラのパスタが無性に食べたくなり
適当に作ったら予想以上に美味しくできて満足

*土曜日ブエナビスタにて*
ケヴィンの従弟の子供と一緒に

新緑が美しい季節です


しばらく雨で肌寒い日が続きましたが、それとともに新緑が綺麗なシーズンが訪れました。我が家の前庭の草花にも、やっと春の息吹を感じられるようになりました。芍薬と菖蒲の蕾をいつ咲くかと毎日観察するのが、日々の小さな楽しみの一つです。





2017年5月3日水曜日

ウィスラー①

2月末に7泊8日で行ったウィスラーの話です。

全米でも屈指のスキー場があるコロラドからわざわざカナダにスキーに行った理由は、②で説明したいと思います。時々ヘンなことになってしまうケヴィンらしい裏話があります。

5日連続滑りましたが、とにかくウィスラーのスケールに圧倒されました。私達が滞在したウィスラー・ブラックコムリゾートは、コロラドのベイル・リゾートより3000エーカーも広い8000エーカーで、一番長いコースを上から下まで降りると11キロ以上もあるそうです。なので、時には「下は雨で上は雪」ということもあるそうです。

天気に関しては年間300日以上の晴天を誇るコロラドが勝ちで、私達が滞在した週は曇り時々晴れ時々霧、という日が多く、生まれて初めて霧の中を滑りました。←上下左右の感覚がなくなり目が回りそうになる

アメリカでは「カナダ人は親切」という認識が浸透していますが、ブリティッシュ・コロンビアもその例に漏れず人が本当に親切です。ケヴィン曰く「日本のサービス精神の北米版」がウィスラーにはありました。ボールダーも人が親切な街だと思いますが、2年前のサンシャイン・コースト旅行の時も同じく、ブリティッシュ・コロンビア旅行から帰るとしばらくの間ボールダーの人達がそこまで親切に感じず、しかも帰る前に心底「このままカナダに住みたい」と思うのです。

スケールが違います

それはさておき、メンバーは私達を含めて合計4家族。どこも一人娘の家族構成です。2組が台湾系アメリカ人の奥さんなので、3人の子供がミックスです。唯一白人の奥さんも子供の頃日本で育ち大人になって日本で英語の先生をしたことがあるので、なんとなく全員アジア系の奥さんという感じで正直居心地が良かったです。

左からキャラ(7)、キエラ(6)、カリーナ(ほぼ6歳)、ルーシー(5歳半)

子供達は雪の上のカルガモみたいで可愛いかったです
そしてケヴィンは予想以上にいい子供用インストラクターでした

しかし全員木の間を滑るのが大好きというハードコアな子供達

知り合いの知り合いがたまたま雪崩パトロールにいて
子供達をスノーモービルに乗せてもらいましたが、この状態で
結構遠くまで行ってしまいしばし置き去りにされた親が不安に・・・


一番上のカフェテリアで食べた北米風になったラーメン
(普段ラーメンが気軽に食べられる人にはお勧めしません)

2つの山を結ぶロープウェイは高所恐怖症の人にはちょっと怖すぎるかも

もちろんいつも最後までいるスキーヤーは私達だけ

アメリカ人ってすごいなあと感心したこと。
実はこのグループは私達がハブとなって出来上がったグループで、私達以外は旅行初日にバンクーバーの居酒屋で初対面でした。うちとルーシーの一家はボールダーから、キャラ一家はワシントンD.C.から、キエラ一家はカリフォルニアからです。知らない人達にいきなり会って、1週間同じ屋根の下で過ごせるのは、日本人としてはすごいなあと思います。結果的にすごくまとまった良いグループで、「ぜひ定期的にスキー旅行を!」という話になりました。

楽しい9日間でした!

2017年4月18日火曜日

乳製品なしのプリンがこんなに美味しい?! バンクーバー発 Vegan Pudding & Co.

2月にウィスラーに行く前に、バンクーバーに行ったらぜひまた訪れたいと思っていたお店、Vegan Pudding & Co.に行ってきました。

2015年の6月に初めてバンクーバーに行った時、手始めにGastown方面を探索しようとホテルを出てまっすぐに道を下って歩いていたらたまたまこのお店の前を通り、気になって覗いてみると驚いたことに日本人がオーナーのプリンショップでした。

今回はオーナーご夫妻も一緒に写真撮影!

その時食べたゴマプリンがあまりにも美味しくて、3泊4日の滞在中にもう一度行きたいと思っていたのですがが、他の家族と一緒に行動していたので念願叶わず。その後その味が忘れられず、今回ホテルに荷物を降ろした後、すぐにグーグルマップで記憶を手繰り寄せてお店の名前と場所を調べ、そのまま直行しました。←今回は1泊だったので真剣そのもの!

全種類食べてみたくなりませんか?
カリーナ:イチゴ ケヴィン:抹茶 私:ほうじ茶
同じホテルに滞在していた友達にはゴマを購入

今回はちゃんとウェブサイトを見つけたのでじっくり読んでみると、詩人でビーガンのご主人とその奥様が、4年半世界を旅した後ビーガンフレンドリーなバンクーバーに落ち着かれ、ケータリングから始めたプリンビジネスが大きくなり、約2年前にこのテイクアウト専門店を開いたそうです。昨年の5月には東京にも進出されたようで、このように海外で活躍する日本人の話を聞くのは嬉しい限りです。

一口ごとに幸せが広がる絶品

肝心なプリンですが、主な原材料はかぼちゃ、ココナッツミルク、100%ピュアカナディアンメープルシロップ、ココナッツシュガーだそうです。白砂糖、乳製品、卵、大豆不使用で、グルテンフリー、オーガニック認証済み。こだわりのプリンです。

東京に戻った時には、馬喰町のカフェの方にも行ってみたいと思います。ちなみにこちらがそのカフェの親会社ですが、非常に興味を惹かれます。




2017年3月29日水曜日

歯の妖精①(2月1日に書いてそのままになっていました)

ついにカリーナの前歯がグラグラ揺れ始めました。本人にとってはものすごくエキサイティングなことで、ここ数日大騒ぎです。

まずは、カリーナがまだ赤ちゃんだった頃に私の友達がプレゼントしてくれた、「歯の妖精(Tooth Fairy)」に歯を持って行ってもらうための、小さなクッションを探し出してきました。その後、いろいろな人にその事実を言いふらし、小さな指で歯をグラグラ揺らしてみせる姿は微笑ましい限りです。

泉ちゃん、これくれたの覚えてますか?
冠のところに歯を入れられるようになっています。

先週末ケヴィンの両親に電話をした時にも、開口一番でその話をしました。すると、「グランパが子供の時は、歯とドアノブを紐で結んでお母さんがドアを閉めて歯を抜いたんだよ」(ホントに?!と思い周りに聞くと、アメリカではごく当たり前の方法らしい)

次にママは、「ナナ(とカリーナは呼んでいる)が初めて歯が抜けた時はねえ、梨を食べている時に歯が梨にささったのよ。ナナの弟なんて、おせんべいを食べている時に抜けて一緒に飲み込んじゃったの」

知らぬ間に飲み込んでしまうケースは思った以上にあるようで、近所に住むカリーナの同級生は、初めて抜けた歯をスペアリブとともに飲み込んでしまったのを、お母さんに指摘されるまで気づかなかったとか。

スキースクールに着くとすぐに、インストラクターに歯をグラグラと揺らしてみせるカリーナ。すると、「レッスン中に歯が抜けた子が何人もいてね。一度歯の妖精に『雪の中に歯をなくしてしまいました』と証明する手紙を書かされたこともあるのよ」

思えば私も、グラグラしていた歯が脇だけくっついた状態になりくるりと一回転して、鏡で見たら逆さまになっていた、というセンセーショナルな事件は、未だにはっきりと覚えています。

アメリカ人の友人と歯の話をしていて、「日本では下の歯が抜けると屋根の上に投げて、上の歯が抜けると床下に投げるんだよね」と言うと、「どうして?」と聞かれました。深く考えてことがなかったので調べてみると、それは「続いて生えてくる永久歯をその方向へ導いてくれるように」というおまじないだったのですね。


歯の妖精② ついに抜けました!

今朝、普段滅多に食べないドーナツを2人で食べている時、ふとカリーナの顔を見ると・・・

歯が抜けそうになっている!!!

おお〜〜〜

「カリーナっ、鏡で自分の顔見て来てっ!!」と叫ぶと、本人は血相を変えて洗面所に行き、すぐに「抜けたっ!!」とテーブルに戻って来ました。

抜けた〜〜〜

「信じられない・・・」

と言うことで、今晩歯の妖精が来て、枕元に置いてあるクッションの中の歯を取り出してコインを置いて行ってくれる、という設定なのですが、この人はちゃっかりと「歯の妖精さんへ、 指輪を持って来て下さい。カリーナより」という手紙を書いていました。

それを隣のレベッカとケヴィンのママに話すと、2人とも「う〜ん・・・妖精はコインしか持って来ないわよ」

朝本人ががっかりしないかちょっと心配です。

2017年3月28日火曜日

カリーナ6歳

3月11日にカリーナが誕生日を迎えました。6歳にもなると、既に私が信頼を寄せる一人の立派な人間です。観察力がありまだバイアスがかかっていないカリーナの言うことには「なるほど」と思うことが多いですし、彼女の記憶力に至っては日々頼りにしています。

純粋さとしっかりさ(?)がいい具合にブレンドしたこの時期は、一緒にいるのがもっと楽しくなってきたなと思うと同時に、顔がぽっちゃりしていて喋り方がまだ赤ちゃんっぽかった2〜3年前の姿をもう一度見たいなあと、最近以前より思うようになってきました。

本人も「5歳だったのが2日間だけだったみたいだねえ」と言っていましたが、私にも5歳の1年間はかなり短く感じました。こうやって月日の経過はどんどん加速するのだろうなあと思います。
今年はアイスクリームケーキにしてみました

今年も誕生会のテーマはスキーのはずだったのですが、前にも書いた通り今年は3月があまりにも暖かすぎ、結局近所でハイキングをして、その後我が家に集まって軽食をすることになりました。そしてそのちょうど1週間後に、このエリアが山火事になりました。

子供達は岩に登って大喜び


大人と子供全員で約30人。実はカリーナの誕生会は、自分達が楽しむための口実でもあります。カリーナの仲良しさんは家族ぐるみのお付合いをしている場合が多いので、友達同士を紹介する良い機会です。



今年は自分でできることのレベルが上がり、パーティーのお礼の準備を自分で率先してやりました。何をお返しするかを自分でカタログを見て決め、それを私と一緒に袋詰めしました。

リストを作り、一緒に来る兄弟姉妹の数も計算し・・・
これもお返しだけど
「全種類キープしたい〜」