2017年10月14日土曜日

北海道での夏休み1

ケヴィンがコロラドに帰り、私とカリーナはスウェーデンヒルズの実家へ移動しました。

さっそく虫探し
キンクサリが満開で綺麗でした
木に絡まった藤の花も見事!

video
スウェーデンヒルズ恒例の夏至祭で
初めてヨーヨー釣りをしました

町内にある公園に何度か通いましたが、6月なので平日は学齢期の子供の姿はなく、仕方なく1人で走り回るカリーナ。老人ホームからお散歩で来ていたご老人たちが、ベンチに座ってその姿を見ていらっしゃいました。


少しずつ水に入り、しまいには水の中に座ってしまった、、、。ニコニコとその様子を眺めるベンチのご老人たちに「実は着替えを持って来ていないんですー」と言うと、「ええっ、どうやって帰るのー?」

車でしたので、洋服なしで帰りました(^^)


北海道での夏休み2

札幌に住む大学時代の同級生一家に、滝野すずらん公園に連れて行ってもらいました。この家族には毎年あちこちの子連れスポットに連れて行ってもらいますが、ここも1日楽しめる場所でした。札幌から車で30〜40分の距離です。

video


東京からは今年も親友夫婦が遊びに来てくれました。

年に一度行く円山動物園。2年前に見たカメをもう一度見たいとは虫類・両生類館に毎年通っているのですが、そのカメにはあれ以来会えず。しかし、今年はこの子と仲良し?になりました。

じーっと見つめられてしまった・・・
さりげなく花束を見せてみたり・・・

今年の一番の思い出は、きっとコレ。これまで全く気にしなかったのですが、実は至る所にあるんですね(--;) しかも、子供の目のつくところに。今から「来年の夏は〇〇が欲しい」と言う始末です。


video


石狩湾にある小さな街で、こんなものも見ました。
video


2017年10月11日水曜日

家族旅行最終日&ケヴィン一足先に帰国

家族旅行最終日は、新さっぽろにある水族館に行き、その後駅に隣接したビルの中で買い物をし始めたら止まらなくなってしまい、結局そこでかなりの時間を費やしてしまいました。その中にはAEONもあり、ワンストップショッピングとしてはここは非常に便利な場所でした。

ちょっと運動不足な感じのヒトデ?
去年カリーナが楽しんだガラ・ルファ、別名ドクターフィッシュは、
ケヴィンにとってはそんなに楽しいものではなかったらしい、、、

この人達と一緒にいるの楽しすぎ(^^;)
父の日直前だったけどお祝いなし(ごめん!)

ケヴィンが帰国する朝。10時に駅ビル内のお店が開店するとともに、どうしても行きたいと前日から目をつけていたnana's green teaに直行。←いつのまにか札幌パセオにもできていた!このパフェをカリーナと2人で食べた後、10時35分の新千歳空港行きの電車に乗りました。

2人がパフェを食べている間、私は大丸に行きケヴィンのお弁当用のおにぎりを購入しましたが、彼は快速エアポートの中で立ったままそれも全部食べてしまいました。普段はストイックなケヴィンが、日本に行くと食べる量が異常に増えるのが謎です。

駅弁を売っていたおばさんに家族写真を撮ってもらいました☆

↑を書いた後、「本当にパフェを食べて10:35の電車に乗ったんだっけ??」と疑い、上の写真の撮影時間を確認したところ11:19となっていたので、やはりちゃんとその電車に乗っていました。すごいなぁ〜。

ここで大袈裟なしばしの別れをした後、ケヴィンは成田乗り換えデンバー行きにチェックインして、計画通りその後しっかり空港内の温泉にも入ってました。そんなことする人って、他にどこにいる?

しかし新千歳空港内で最後の現金を使って焼酎を買うという失敗をし、「成田空港で乗り換えの時に没収された〜(涙)」というメールが後ほど届きました、、、。


2017年10月10日火曜日

6月10日 ついに札幌入り

ついに札幌入りです。この投稿に行き着くまで、なんと4ヶ月が経過していました・・・。

青森から函館は新幹線で1時間でしたが、函館から札幌は意外に遠く、列車で約4時間の旅。北海道は広いですね。

今回はまず札幌市内のマンションに2泊しました

まず足を運んだところは、2008年から何度かお邪魔している焼き鳥屋さん。今回はカリーナもデビューを果たしました。ご主人が音楽通で、初めて行った時に聴かせて下さったDuke Ellington の「Money Jungle」というアルバムを、今回もすぐに出してきてかけてくださいました(素晴らしい記憶力!)。


店内の壁にはケヴィンが残したコロラドの地図もありますが、そこにカリーナも絵を描かせてもらいました☆


楽しいひと時を過ごした後、すすきのの街へ。
この週末は、たまたまヨサコイソーラン祭りの週末でした。噂には聞いていましたが、熱いお祭りでした。カリーナも「もっと見たい〜」と大騒ぎ。やっぱり札幌っていいなぁ。


video


函館で新たな発見

社会人になったばかりの頃、一度2泊3日で函館に行ったことがありました。20年以上も前のことです。その時に友人と2人で主なところは回ったのですが、今回の感想は「函館って、こんなところだっけ?」

和洋折衷の建物に、前回どうして気づかなかったのか?
(それとも忘れてしまったのか?)

今回一番印象に残った観光スポットは、ここ旧相馬邸。函館の発展に貢献した豪商相馬鉄平の私邸で、旧イギリス領事館の近くにあります。函館港を見下ろす高台に建つ和洋折衷の大邸宅はとても豪華で、和室、洋間、廊下、どれをとっても素晴らしく、ガイドの方も親切でかなりお勧めの場所です。


2017年10月9日月曜日

6月9日 北海道新幹線で函館へ

新青森から新函館北斗まで、約1時間の旅。ついに北海道入りしました。


函館駅のコインロッカーに荷物を押し込み、その足で函館朝市に向かいました。

余談なのですが、この無理矢理押し込んだ荷物、実はロッカーに「無理に荷物を押し込むと、扉が開かなくなることがあります」というような文言が大きく書いてあったにも関わらず私はそれに全く気づかず、スーツケース2個とそれ以外の手荷物も押し込んでしまいました。すると後ほど開錠しても扉が開かず、しばらくパニクった私たちですが、今回は管理会社に電話をする一歩手前でなんとか扉を開けることができました。皆様もお気をつけください。念のため。

☆珍しいものがいっぱい☆
カリーナと一緒に写っているお店のご主人には
いろいろと説明をしていただきました


カリーナ:イクラが大好物
ケヴィン:ホタテが大好物
私:ウニが食べたいのにカリーナの残飯処理

しばらく市場を歩き回った後、食事をすることになりました。私が牡蠣や雲丹を物色している間、カリーナは観光客が500円を払ってイカ釣りをするのを、釣堀の横に立ってしばらくの間じっと眺めていました。時々釣られたイカが水やスミを吹くことがあることを私は知らず、カリーナが「ぎゃ〜っ」とこちらを振り向いたのでどうしたのかと思ったら、顔から洋服までイカにやられて呆然としていました。泣く寸前にタオルで拭き取りこの時はセーフでしたが(スミではなくてラッキーでした)、その後、、、彼女は見てしまったのです、裏に連れて行かれたイカが一瞬にしてさばかれるところを。

もうイカは一生食べないそうです。

心優しいカリーナの悲しい表情と裏腹に
手に入れたばかりの牡蠣を見つめる私
後で写真を見て背景のカリーナに気づいたのでした(涙)

金森赤レンガ倉庫では、家族で買い物に弾けてしまいました。もう大変〜。



夕食後は、函館山ロープウェイで世界三大夜景(ホント?)と言われる夜景を見に行ったのですが、ここでもまた雨にやられ、しかも今回は雷雨。


この写真を撮った後雨が降り出し、アジア人観光客で大混雑のロビーで下りのロープウェイを待っていると、稲妻が光り始めました。20分ほど停止していたロープウェイはその後「営業終了」になり、下から上がってくる観光客はいなくなりました。「バスで振替輸送か?」と思いましたが、既に上にいた人達は1時間ほど待った後にロープウェイで降ろしてもらえました。

とにかく、高いところに登ることに関してあまりついていない旅行でした。(注:この運命は東京までついてくることになりました。それは後ほど)


2017年10月3日火曜日

東北最終日 6月8日 青森県立美術館とねぶたの家ワ・ラッセ

青森県立美術館 「あおもり犬」

旅程では、この日八甲田ロープウェイで頂上に行きハイキングをするはずでしたが、またもや雨に降られて山の上は霧がかかって真っ白でした。

ということで、奥入瀬渓流ホテルをチェックアウトした後、八甲田山を軽く通り抜けて情報収集をし(注:この東北旅行は、ケヴィンの将来のバックカントリー・スキー旅行の下見でもありました)、青森県立美術館に行ってみることにしました。

この美術館がこぢんまりしているもののなかなかのアートスポットで、特に奈良美智さん(弘前生まれだそうです)の作品の収蔵量は現在170点を超えるそうです。

満足して美術館を去り、青森駅近くでレンタカーを返却。その頃には青空が広がっていました。


この辺りは歩いて行ける観光スポットが固まっており、まずは青森観光物産館アスパムで少しお土産を買い、次に寄ったねぶたの家ワラッセが予想以上に面白く、そして極めつけはA-FACTORY。そこでシードルの飲み比べと軽食をとり、センスの良いお土産だらけで買いたいものが続出。青森駅周辺は楽しい場所でした。

翌日、北海道に渡る前にふらりと立ち寄ったお店で買った和菓子も大当たり。青森また行きたいな〜。